外国株取引でネット証券を選ぶ|ネット証券の選び方

外国株取引でネット証券会社を選ぶ

外国株を取り扱っている証券会社は多くあります。 ほとんどの証券会社の場合は、外国株取引専用の口座を作らないといけません。 外国株取引については証券会社ごとにその扱いも異なってきますので、チェックしておくと良いでしょう。 外国株と言いますと、日本ではアメリカの株式が代表的ですね。 他にも話題となりやすい中国株やインド株などがあります。 外国株式投資において、おすすめの証券会社と言いますと、マネックス証券、楽天証券、SBI証券でしょうか。

この中で最も多くの外国株を取り扱っているのがSBI証券となります。 米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、マレーシアの株式を購入することができます。 ネット証券会社の中では最多との取扱数だと言えるでしょう。 特にアジア圏の株式が豊富ですので、アジア株式の取引をしたいのであれば、口座を作っておいて損はありません。

次に、楽天証券をあげることができます。 楽天証券で取扱のある外国株は、米国、中国、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアの株式になります。 楽天証券では外国株の取引だけではなく、トレーディングツールが優秀であることも特徴です。 マネックス証券では、米国、中国の株式しか取り扱ってはいませんが、外国株の取引手数料が安価であることが魅力的です。 いずれの証券会社であっても、口座を持っていて損をすることはありませんので、口座を作るだけ作っておくと良いでしょう。