文方法でネット証券を選ぶ|ネット証券の選び方

注文方法でネット証券会社を選ぶ

ネット証券を選ぶ時には注文方法の豊富さで選ぶという選択肢もあります。 注文する時の方法が豊富であれば、その分様々な取引が選択出来ると言うことです。

つまり副業として、株式投資を始めようとしている方などは、注文方法の豊富さで証券会社を選ぶと良いかもしれません。 副業としての株式投資において、あると便利な取引が逆指値注文です。 逆指値注文とは、簡単に言ってしまいますと、株価が下がった時には売り、上がった時に買いというように注文を出しておく方法です。

この注文方法が出来る証券会社を選ぶことによって、損切りが簡単にできてしまうのです。 具体的に書きますと、Aという株式が現在1000円だとします。

この株式が900円となったときには売り出すと言うことで注文しておきます。 仮に仕事中であっても、A株が900円となったときには損切りをしてくれるのです。 仕事をしている時に、大きな株価の変動があったときにはとても役に立ってくれますよね。

ただネット証券ですと、この逆指値注文は大抵の証券会社が対応していますので他の注文方法で決めていくといいかもしれません。 もう1つ便利な注文方法と言いますと、逆指値通常注文というモノです。 通常注文と逆指値注文が同時に出来るので大変使い勝手が良いです。 ツイン注文やW指値と呼ばれることもあります。 具体的な数字をいれますと、現在の株価が500円の株式があるとしましょう。 株価が600円となった時には売りの注文と、株価が400円となった時にも売りの注文を同時にだせます。 2つの注文方法に対応している証券会社と言いますと、マネックス証券やカブドットコム証券、楽天証券があります。