株式取引

株式取引について

株式とはいわゆる株券のことです。

株券は株式会社が発行している証券のことでで、企業は会社を運営していく為の資金を得るために株券を発行します。 投資家はこの株券を購入することによって、企業に投資をし、企業はその資金をもって会社を運営していきます。 結果、企業が効率の良い運営をしていくことによってその企業の価値は上がり、株価も上がります。 逆に企業の経営がうまくいかなくなると、株価は下がってしまいます。 投資家としては株価が下がった時には購入し、株価が上がった時に売却するのが基本となってきます。

では、株式を購入する時にはどうすれば良いのかと言いますと、証券会社に口座を作る必要があります。 証券会社を通して株式の売買をしていくことになるのですが、証券口座が必要となってくるからです。 株式の売買を行うことが株式取引と呼ばれる行為になります。 株式の価格である株価は、相場によって上下していきます。

上でも触れましたが、株式投資の基本は株価の安い時に購入し、高くなったら売却することになります。 株式を所有していることで、配当金や株主優待などを受けることが出来ることもポイントです。 配当金は株式を所有している企業が利益をあげた時には、株主に過剰な利益を分配するシステムです。 株主優待はいわば企業からのお礼のようなもので、その企業が提供しているサービスや商品などについて割引などを受けることが出来ます。