未成年の口座開設

未成年でも口座開設できるのか

この証券会社の口座のことを証券口座と言いますが、未成年でも開設できるのでしょうか。 結論から言えば、未成年でも口座を開設することは出来ます。

ただし、親権者の同意が必要となっています。 未成年であっても、証券口座を開設することで、株式投資を始めることが出来ます。 株式を保有していることで、株主優待を受けることもできますし、配当金を貰うことも可能です。 では、未成年でも口座を開設できる証券会社を見ていきましょう。 手数料の安さが人気のライブスター証券では、親権者の同意のもと口座を開設することが出来ます。 未成年口座では、信用取引や先物オプションなどの取引は出来ないなどの制限があります。

次に、マネックス証券があります。 マネックス証券では、同意する親権者が既にマネックス証券に口座を開設していることが条件になります。 ライブスター証券同様、信用取引や先物オプションなどの取引は出来ません。 レバレッジをかけることが出来る金融商品は取引出来ません。 SBI証券も未成年者の口座開設が可能です。

ただし、マネックス証券と同様に、同意を得る親権者がSBI証券の口座を持っていることが条件です。 取引できる金融商品にしても、同様でレバレッジをかける金融商品の取引は出来ません。 松井証券も未成年者の口座開設が可能です。 条件、制限などはマネックス証券、SBI証券と同様です。 安藤証券での口座開設も可能となっていますが、16歳以上という制限があります。 また、親権者の同意も必要で、信用取引や先物オプションなどの取引は出来ません。