スマートフォンでの取引

スマートフォンで取引は可能か

携帯電話のシェアの4割近くがスマートフォンであるというような調査結果もありますので多くの方が使っていると言って良いでしょう。 そうした社会的な背景もあってか、モバイルでの取引を可能としているネット証券も増えてきています。

スマートフォンは従来の携帯電話と比較すると、パソコンよりもツールであると言っても良いでしょう。 情報ツールとして優れているだけにオンライン取引おいても活躍してくれているのです。 その証拠にiPhoneやアンドロイド携帯などなど多くのスマートフォンに対応しているネット証券があります。 ウェブサイトの構成がスマートフォン向けとなっているサイトとしては、楽天証券、カブドットコム証券、SBI証券、マネックス証券などがあります。 サイトがスマートフォン向けと言うのではなく、スマートフォン対応のアプリを提供しているネット証券もあります。

ほとんどのネット証券で提供されていることにもなるのですが、有名なものですと楽天証券や岡三証券、SBI証券、松井証券、カブドットコム証券、マネックス証券などがありますね。 先に挙げた中では、楽天証券、SBI証券、岡三証券の3つのツールは株価更新がリアルタイムではありません。 松井証券、マネックス証券のツールはリアルタイムで株価が自動更新されていきます。 スマートフォンにおけるツールはとても便利なのですが、電池をかなり消費することにもなりますので、充電の減りには十分注意して扱うようにしていくと良いでしょう。 仕事でスマートフォンを使っている方であれば特にその点は注意が必要だと言えます。