投資信託って何だろう?投資信託の仕組みとは

これから初めて個人資産を運用しよう!と思っている方にとって

投資信託という言葉は今ひとつなじみの薄いものかもしれません。私も、FPとして初めてのお客様からご相談を受ける時、そもそも投資信託ってどういったものなの?というご質問を投げかけられることがよくあります。

そもそも投資信託とは

投資信託とは、簡単に言うと、少ない投資金額でも効率的に資産運用ができるよう設計された
金融商品です。多くの場合1万円からはじめられますので、初心者の方にとってもハードルが
低いですし、気負いなく資産運用に入っていけるというメリットがあります。

 

個人資産を運用しようと思った時、一人で色々な金融商品を買いたいな、
と思っても、様々な銘柄を一度に購入するのは資金的に困難です。

 

そこで登場するのが投資信託。投資信託は、多くの人から少しずつ
お金を集めて多くの資金を作り、その資金で色々な金融商品を買って、
そこから得られる売却利益や利息を、資金を出した皆さんで公平に
分けましょう!という商品です。

だからこそ、一人の人が出す金額は

1万円からという少額で済むんですね。

投資信託で運用するのは誰なのか

では、投資信託でまとめられたお金を運用するのは誰なのでしょう?
投資家の皆さんから集めたお金を一つにし、金融市場で実際に運用するのは
ファンドマネージャーという投資のプロです。FXなどの場合は、自分自身で口座を開いたり、
為替を読んだり、取引をしたりと結構大変ですが、投資信託はプロが代わりにお金を
運用してくれるので、運用益が出た場合に分配金を受け取るだけ、という手軽さがあります。

 

さらに、投資信託の特徴として、一般の個人投資家では投資が
難しいヘッジファンドや不動産といった商品にも投資ができる
というものがあります。

 

これは、実際の取引を金融のプロであるファンドマネージャーが
行うという特性があればこそですね。

 

また投資の知識をまだ持ち合わせていない方、極端に言えば子供でも問題なく
始められるという点も、投資信託の大きなメリットと言えるでしょう。